総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

ゲリラ豪雨と学校

「おいしい水」を毎日自宅で飲むぜいたく

ゲリラ豪雨と学校
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

Newton (ニュートン) 2008年 10月号 [雑誌]

Newton (ニュートン) 2008年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニュートンプレス
  • 発売日: 2008/08/26
  • メディア: 雑誌


台風やゲリラ豪雨は学校に通う子ども達にとっても大変危険な気象です。特に近年被害が増加しているゲリラ豪雨に対しては、学校関係者や保護者の慎重な対応が求められます。
多くの小学校から中学校、高等学校では、地域による違いもありますが、暴風、大雨、洪水、大雪のいずれかの警報が午前7時の時点で発令されていれば、登校を見合わせて自宅待機をすることになります。
そして午前9時までに警報が解除されればその時点で登校することになります。
午前9時以降に警報が解除されても、その日は臨時休校ということになっています。子供たちが在校している間に警報が発令された時には、下校を早めたり学校待機にしたり、場合によっては保護者が学校まで迎えに行くことになります。
ゲリラ豪雨は突然小さな河川や側溝の増水や通学路の冠水などを引き起こします。
学校の措置に従うだけではなく、保護者が日頃から通学路の危険場所を把握し、場合によっては保護者の判断で自宅待機させることも必要です。
STERLING CLUB 車載用多機能ラジオライト スターリングクックー 6020-WH 子どもをゲリラ豪雨の被害から守るためには、保護者と学校関係者が常に最悪の事態に備えて対応をすることが求められています。
ゲリラ豪雨は現在ではまだ予測が困難な現象ですが、夏休み前後のゲリラ豪雨の多い季節には特に登下校時の気象情報に気をつけておくことが大切です。
また学校はこども達の学習の場というだけではなく、地域住民にとっても重要な公共施設です。
日常から学校の防災施設や設備を知っておくことは、それらを有効に機能させ住民を災害から守るために大切なことでしょう。

都市型集中豪雨はなぜ起こる? ~台風でも前線でもない大雨の正体~ (知りたい!サイエンス)

都市型集中豪雨はなぜ起こる? ~台風でも前線でもない大雨の正体~ (知りたい!サイエンス)

  • 作者: 三上 岳彦
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2008/09/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



CANARY 緊急ツール RE-20
posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 01:02 | Comment(0) | ゲリラ豪雨と学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲリラ豪雨と農業

「おいしい水」を毎日自宅で飲むぜいたく JANet

ゲリラ豪雨と農業

お米や野菜、果物、花などを育てている農業は、自然現象に大きな影響を受けながら営まれています。雨が降らず日照りが続けば作物は枯れてしまい、台風が上陸すれば強い風で作物は倒れてしまいます。台風やゲリラ豪雨による大雨は農地の浸水や作物の水没を起こし、せっかく実った作物を台無しにしてしまうこともあります。さらに土砂崩れで農地自体がなくなってしまうこともあります。
2004年に起きた新潟のゲリラ豪雨の災害では、農業被害が73億円にも上ると報告されて話題になりました。その被害とは農地の浸水や、土砂の流入による被害が最も多く、次にトラクターなどの機械が破損する被害が多くなっています。
作物にとって雨はとても重要な存在ですが、多すぎても少なすぎても正常に育ちません。
ゲリラ雨豪は農家にとっても予測がつかない大変迷惑な雨ですが、このゲリラ豪雨によって世界の至る所で農業被害が続出しているのです。
近年では農業技術の進歩に伴い、災害に対する備えや復旧技術も進歩し、昔に比べると被害を少なく抑えることができるようになっています。
また、日本ではこのようなゲリラ豪雨による農業被害に対し、国による補助事業を行っています。この補助事業は実際に耕作している田んぼや畑、果樹園、さらに用水路やため池などが被害に遭った時、その復旧工事に一定額以上を要する場合に適用されるものです。
ゲリラ豪雨による農業被害は、野菜の品質や価格に直接影響します。そのため農業技術の進歩や国の補助制度で農業が守られていることによって、私たち国民は安定した食生活を送ることができるのです。
食品の安全と農業≫続きはこちら

「食糧危機」をあおってはいけない (Bunshun Paperbacks)

「食糧危機」をあおってはいけない (Bunshun Paperbacks)

  • 作者: 川島 博之
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/03/26
  • メディア: 単行本






 
posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 06:33 | Comment(0) | ゲリラ豪雨と農業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 16:41 | Comment(0) | ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲリラ豪雨と企業

「おいしい水」を毎日自宅で飲むぜいたく JANet

ゲリラ豪雨と企業
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

災害危機管理読本―企業・団体の防災対策と事業継続管理

災害危機管理読本―企業・団体の防災対策と事業継続管理

  • 作者: 藤江 俊彦
  • 出版社/メーカー: 日本コンサルタントグループ
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本


日本では毎年ゲリラ豪雨による被害が多発しています。
被害は人間や住宅だけではなく、企業の経営にまで影響を及ぼすことがあります。
これまでもゲリラ雨によって多くの企業が多大な損害を受けてきました。
東海豪雨では企業や官公庁でパソコンや機械が水没し、重要データの消失や多額の損害費用が発生する事態が起こっています。
ゲリラ雨による災害で被害を受けた中小企業は、場合によっては一時事業が中断し、そのまま廃業や倒産といった事態を招くこともあります。企業の経営は地域経済にも影響します。
被災地の多くの企業で経営が悪化した状態が続けば、日本の経済にも影響を及ぼすことになります。こういった事態を防ぐためには、平常時から企業の防災対策や防災意識を高めておくことが求められます。
それには企業の建物自体の対策や社員の防災教育などが必要になります。
また企業の重要データの保管場所には日ごろから十分に配慮しておく必要があります。
電気機器やコンピュータなどはすぐ安全な場所に移動できるようにしておくことも大切です。さらに浸水を防ぐ土のうや止水板は必ず備えておくべきでしょう。
またゲリラ雨発生時には社員が安全に通勤、退勤できるよう、時間の配慮や情報の伝達も必要です。
企業におけるゲリラ雨対策の目的は、ゲリラ雨による災害を受けた場合にも事業を継続できるようにしておくことにあります。そのためには経営と社員の両面から対策を考えることが大切です。

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方―被災現場からみつめたBCP

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方―被災現場からみつめたBCP

  • 作者: 山村 武彦
  • 出版社/メーカー: 金融財政事情研究会
  • 発売日: 2006/07/19
  • メディア: 単行本



 
posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 07:23 | Comment(0) | ゲリラ豪雨と企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲリラ豪雨と積乱雲

ゲリラ雨と積乱雲
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

異常気象 (insiders特別版)

異常気象 (insiders特別版)

  • 作者: H.マイケル モーギル
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: −


ゲリラ豪雨の発生は積乱雲と深く関わっています。積乱雲とは夏場の空にみられる縦方向に大きく盛り上がった雲のことを言います。
入道雲とか雷雲、かなとこ雲と呼ばれることもあります。
積乱雲の雲底は地上付近から2キロ程度ととても低く、雲頂は最高で1万メートル以上に達すると言われるほど高いのが特徴です。積乱雲はさまざまな雲の種類の中でも最も巨大な雲です。
この巨大な雲である積乱雲の上層部分は氷の結晶から形成され、それより下層部分は水滴で形成されています。この水滴が地上に落ちると、地上に雨が降ることになります。
積乱雲は夏場に発生しやすい雲です。なぜかというと夏場は地上付近が高温多湿になるためです。積乱雲は高温多湿になった空気がさまざまな影響を受けながら上昇気流で押し上げられることで発生し、さらに鉛直方向へ発達していきます。
夏場の天気予報では「大気の状態が不安定」という表現を耳にすることが多くなるでしょう。これは上昇気流が生じやすい状態のことを指しています。
近年各地で頻発しているゲリラ豪雨は、前線や台風などいろいろな理由で大気が不安定になり、積乱雲が発達することによって豪雨がもたらされる現象です。また都市化によるヒートアイランド現象や地球温暖化によって、積乱雲が発生しやすくなったことも要因の一つだと考えられています。
夏場の空に黒く、縦に積み重なった大きな積乱雲が現れたら、ゲリラ豪雨に注意をしたほうがよいでしょう。

カラフルレインコート ドット RJ05RC01-Dot01

カラフルレインコート ドット RJ05RC01-Dot01

  • 出版社/メーカー: reacJAPAN (レアック・ジャパン)
  • メディア: ホーム&キッチン



posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 06:23 | Comment(0) | ゲリラ豪雨と積乱雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲリラ豪雨と断水

天然水ウォーターサーバーPowered by JANet
momobgyoko.JPG

ゲリラ豪雨と断水
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

異常気象―地球温暖化と暴風雨のメカニズム

異常気象―地球温暖化と暴風雨のメカニズム

  • 作者: マーク マスリン
  • 出版社/メーカー: 緑書房
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 大型本



ゲリラ豪雨による被害で重大なものに断水があります。
断水はゲリラ豪雨による河川の決壊や越流、また土砂崩れが原因となって水道管を破裂させてしまうことによって起こります。
また停電によって送水ができなくなる断水もあります。
特に水道管の破裂による断水は元に戻るまで時間を要することもあります。
私たちの生活は近代化にともないとても便利になりました。
かつて井戸からくみ上げていた生活水は水道水に代わり、今では容易に水を得ることができます。
その反面ゲリラ豪雨などの自然の力で容易に水道管は破裂し、一滴の水も得られなくなってしまいます。
料理や飲料水だけではなく、水洗トイレで水を流すこともできなくなります。
水道はライフラインの一つです。

アズーラ ナチュラルミネラルウォーター 1.5L*6本 [硬水]


私たちは日常ライフラインに頼りきった生活をしているため、一日でもライフラインが停止してしまうとたちまち生活に困ってしまいます。
これが近代社会の弱点だという指摘も多く、緊急時に慌てないためには平常時からの小さな心掛けが重要になってきます。
私達にできることは、断水時に備えて風呂水を常に貯めた状態にしておくことや、ペットボトルなどで非常水を準備しておくことがあります。
また日頃から水を大切にする習慣を身につけておくことも大切なことです。
災害による断水では給水所が設けられることがありますが、災害後すぐに給水所が設けられるとは限りません。
給水所をあてにするのではなく、自分の飲み水は自分で準備するという意識が大切です。

発見!ネイチャー&サイエンス おいしい水 きれいな水 (発見!ネイチャー&サイエンス)

発見!ネイチャー&サイエンス おいしい水 きれいな水 (発見!ネイチャー&サイエンス)

  • 作者: 橋本 淳司
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2007/11/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 03:11 | Comment(0) | ゲリラ雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゲリラ豪雨と異常気象

  Powered by JANet
momobgyoko.JPG

ゲリラ豪雨と異常気象
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

近年世界中で異常気象が増加しています。異常気象には集中豪雨や干ばつ、黄砂、台風の巨大化や竜巻、ハリケーンの増加などがあります。こういった異常気象は現在世界的な問題となっている地球温暖化との関連性が指摘されています。
集中豪雨は日本でも毎年夏場になると頻発し、ゲリラ豪雨という呼び名が定着しつつあります。ゲリラ豪雨は河川の増水や土砂崩れ、家屋への浸水、道路の冠水などさまざまな被害をもたらし、私たちの生活を混乱させます。
世界でもゲリラ豪雨のもたらす被害は大きく、家自体が流され、屋根で救出されるのを待つという状況も実際に起こっています。
その一方で干ばつが起きている地域もあります。
干ばつによる日照りが続けば水不足になり、農業や家庭での生活水が十分に得られなくなります。
黄砂とは東アジアの砂漠地域から強風により黄砂が舞い上がり、日本などの周辺諸国へ降下する現象です。黄砂は農業や生活環境に被害を与えるだけでなく、雲の発生、降水などを通じ、世界の気候にも影響を及ぼしています。
竜巻やハリケーンは発達した積乱雲の底から柱状にはやい速度で回転する空気の渦ができることを言います。
地面や水面で発生し、都市部で発生すると被害も大きくなります。日本では年間平均12本程度の発生ですが、世界では年間平均数百本発生するという国もあります。
日本ではゲリラ豪雨の被害が相次いでいることから、ゲリラ豪雨の予報技術や防災への関心が高まっています。

気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科・一般知識編〉

気象予報士かんたん合格テキスト 〈学科・一般知識編〉

  • 作者: 気象予報士試験受験支援会
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2008/09/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 17:55 | Comment(0) | ゲリラ豪雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
極寒のオホーツクで、流氷との出会いと感動を味わう!
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。