総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

ゲリラ雨と天気予報

日本で明治17年に初めての天気予報が発表されて以来、天気予報は最も身近な情報番組として定着しています。
現在、天気予報の技術は飛躍的な進歩を遂げ、精度の高い予報が可能になっています。例えば降水予報なら、「明日予報」では85%程度、「明後日予報」では83%と高い的中率になっています。
しかし降水予報の中でも、ゲリラ雨に関する予報はまだ難しいのが実情です。
ゲリラ雨は梅雨や秋雨前線、台風など温かく湿った空気が流れ込むことによって発生しやすくなります。このような大気の状態は天気図によってある程度予測ができます。しかしゲリラ雨は積乱雲の中で起こる現象の結果であるため、何時頃どの地域で起こるかということを正確に予測することは難しいのです。
そのためゲリラ雨の予報は、数値予報を基に各地の気象台で雲の観測やレーダー、降雨状況などを併せて行われます。この予報を基にゲリラ雨や洪水に関する注意報、警報などが発表されることになります。
またレーダーやアメダス解析を基にコンピュータで計算し、1キロ四方ごとに6時間先まで1時間雨量を予想することが可能になっています。これは防災機関やテレビの実況予報として放送されています。
さらに2004年からは「降水ナウキャスト」によって、1キロメートル間隔で10分間隔、1時間先までの予測が発表されています。
ゲリラ雨の予報技術まだ研究段階にあります。今後さらなる予報技術の進歩によって、ゲリラ雨対策の有効な情報源となることが期待されます。
posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 06:00 | Comment(0) | ゲリラ雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
極寒のオホーツクで、流氷との出会いと感動を味わう!

PING送信プラス by SEO対策

最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。