総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

ゲリラ雨と情報メール

夏場の天気は急速に変わります。太陽が厳しく照りつける晴天だったかと思えば、突然ものすごい勢いで雨が落ちてくることも珍しくありません。このようなゲリラ雨は近年都市部を中心に増加している現象で、大きな災害を引き起こすことも少なくありません。また天気予報の精度が飛躍的に高まった現代でも、予報が難しいと言われている現象です。
大気の不安定な梅雨から夏にかけてはゲリラ雨の多い季節でもあります。外出時には最新の天気予報を十分に確認しておく必要があります。
そこで最近ある携帯コンテンツサービス会社では、ゲリラ雨に対処するための新しいサービスを始めました。新しいサービスではゲリラ雨の可能性がある場合に携帯電話のメールで情報が届くというものです。このサービスが有効に機能すれば、たとえ出掛ける前に天気予報を確認し忘れたとしても、ゲリラ雨メールが届いたら早めに帰途に就き、地下施設などの危険場所から移動するなど、行動を考えることができます。
このサービスで興味深いのはゲリラ雨の予測を一般人とともに行うということです。一般人である観測員が携帯電話を使用して、現在の天気や雲のある方角、雷鳴の有無などの情報と画像を併せて会社に送信します。それらの情報を基に、気象の専門家が数値データと合わせてゲリラ雨を予測するという試みです。
これまでにないこの試みは、成功すればゲリラ雨による被害を抑えると同時に、これまで難しいと言われていたゲリラ雨予報技術の進歩に役立つかもしれません。
posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 08:00 | Comment(0) | ゲリラ雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
極寒のオホーツクで、流氷との出会いと感動を味わう!

PING送信プラス by SEO対策

最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。