総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

ゲリラ豪雨と積乱雲

ゲリラ雨と積乱雲
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

異常気象 (insiders特別版)

異常気象 (insiders特別版)

  • 作者: H.マイケル モーギル
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: −


ゲリラ豪雨の発生は積乱雲と深く関わっています。積乱雲とは夏場の空にみられる縦方向に大きく盛り上がった雲のことを言います。
入道雲とか雷雲、かなとこ雲と呼ばれることもあります。
積乱雲の雲底は地上付近から2キロ程度ととても低く、雲頂は最高で1万メートル以上に達すると言われるほど高いのが特徴です。積乱雲はさまざまな雲の種類の中でも最も巨大な雲です。
この巨大な雲である積乱雲の上層部分は氷の結晶から形成され、それより下層部分は水滴で形成されています。この水滴が地上に落ちると、地上に雨が降ることになります。
積乱雲は夏場に発生しやすい雲です。なぜかというと夏場は地上付近が高温多湿になるためです。積乱雲は高温多湿になった空気がさまざまな影響を受けながら上昇気流で押し上げられることで発生し、さらに鉛直方向へ発達していきます。
夏場の天気予報では「大気の状態が不安定」という表現を耳にすることが多くなるでしょう。これは上昇気流が生じやすい状態のことを指しています。
近年各地で頻発しているゲリラ豪雨は、前線や台風などいろいろな理由で大気が不安定になり、積乱雲が発達することによって豪雨がもたらされる現象です。また都市化によるヒートアイランド現象や地球温暖化によって、積乱雲が発生しやすくなったことも要因の一つだと考えられています。
夏場の空に黒く、縦に積み重なった大きな積乱雲が現れたら、ゲリラ豪雨に注意をしたほうがよいでしょう。

カラフルレインコート ドット RJ05RC01-Dot01

カラフルレインコート ドット RJ05RC01-Dot01

  • 出版社/メーカー: reacJAPAN (レアック・ジャパン)
  • メディア: ホーム&キッチン



posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 06:23 | Comment(0) | ゲリラ豪雨と積乱雲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
極寒のオホーツクで、流氷との出会いと感動を味わう!

PING送信プラス by SEO対策

最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。