総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

ゲリラ豪雨と日常の対策


国や自治体による水害対策が進んでいる一方、住民の危険意識は低下していると言われます。
しかし現実は水害を引き起こすゲリラ豪雨の発生は年々増加し、毎年のように各地で大きな被害を出しています。



ゲリラ豪雨による被害を少なくするためには自治体の対策に頼るだけではなく、住民が自ら生活を守ろうという姿勢が大切です。

例えば日常から雨水桝をきれいに保つこともゲリラ豪雨対策の一つになります。
雨水枡とは道路の雨水を排水するために、道路脇にもうけられている桝のことを言います。ここに落ち葉やゴミが詰まり、物が置かれていると雨水が排水されず、敷地や道路が冠水する原因になります。

また家族が別行動をしている昼間のゲリラ雨に備え、避難場所を確認しておくことも大切です。東海豪雨の時は携帯電話がつながりにくい状態になったという例から、携帯電話に頼りすぎないことが重要です。

日常から地域で配布されているハザードマップを活用し、ゲリラ豪雨に対する準備や心構えをしておくことが緊急時に役立つでしょう。

最近ではゲリラ豪雨による急な川の増水によって、川遊びをしていた子どもが命を奪われるという事故が起きています。
川に出かける場合には天気や周辺環境を十分に確認し、ライフジャケットを着用するなどの備えが必要です。


空が暗くなってきたときにはすぐに川から離れ、気象情報や河川水位情報を確認するようにします。


携帯ハンマー
外出時でも携帯電話やカーテレビ、カーラジオ、防災無線などを活用し、最新の情報を入手するようにしましょう。


posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 17:02 | Comment(0) | ゲリラ豪雨と日常対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
極寒のオホーツクで、流氷との出会いと感動を味わう!

PING送信プラス by SEO対策

最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。