総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

ゲリラ豪雨と傘





momobgyoko.JPG

ゲリラ豪雨と傘
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

kasa.jpg


思いがけずゲリラ豪雨に遭遇し、コンビニや薬局などでビニール傘を購入した経験を持つ人は多いでしょう。
ただ、ビニール傘はやっぱり壊れやすいので、気をつけてください。

ビニール傘は数百円程度で購入できとても便利です。
最近では傘を持って歩くのが億劫で、「雨が降ったらビニール傘を買えばいい」と手ぶらで出かける人も少なくありません。自宅にはビニール傘が何本もあるという人もいるようです。
確かに雨が降っていないときの傘はとても邪魔な存在で、つい置き忘れしやすいものです。折りたたみ傘は便利な半面、畳むことに手間を感じる人も多いでしょう。そういった現代の人々に薬局やコンビニで販売されるビニール傘はとても便りになるものです。ゲリラ豪雨のときにはビニール傘の価格が上昇するにも関わらず、多くの人に買い求められているようです。
東京都のある駅では傘の自動販売機が設置されているところもあります。価格は400円から1000円程度で、駅という場所柄、利用する人も多いようです。今はまだ珍しい傘の自動販売機ですが、将来全国に広がるかもしれません。
一方で使い捨てされるビニール傘を大事にしようとする運きもあります。
これは「アンブレラシェアリング」といわれるもので、もともと学生グループが企画したことから始まりました。コンビニや店舗での置き忘れ傘を利用し、ゲリラ豪雨の時などに無料で貸し出すというシステムです。
近年増加しているゲリラ豪雨は環境問題が原因の一つだと考えられています。
それだけに傘を通して環境問題を考えていきたいものです。




posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 12:56 | Comment(0) | ゲリラ豪雨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
極寒のオホーツクで、流氷との出会いと感動を味わう!

PING送信プラス by SEO対策

最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。