総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

ゲリラ豪雨と企業

「おいしい水」を毎日自宅で飲むぜいたく JANet

ゲリラ豪雨と企業
ゲリラ豪雨 環境破壊と異常気象

災害危機管理読本―企業・団体の防災対策と事業継続管理

災害危機管理読本―企業・団体の防災対策と事業継続管理

  • 作者: 藤江 俊彦
  • 出版社/メーカー: 日本コンサルタントグループ
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本


日本では毎年ゲリラ豪雨による被害が多発しています。
被害は人間や住宅だけではなく、企業の経営にまで影響を及ぼすことがあります。
これまでもゲリラ雨によって多くの企業が多大な損害を受けてきました。
東海豪雨では企業や官公庁でパソコンや機械が水没し、重要データの消失や多額の損害費用が発生する事態が起こっています。
ゲリラ雨による災害で被害を受けた中小企業は、場合によっては一時事業が中断し、そのまま廃業や倒産といった事態を招くこともあります。企業の経営は地域経済にも影響します。
被災地の多くの企業で経営が悪化した状態が続けば、日本の経済にも影響を及ぼすことになります。こういった事態を防ぐためには、平常時から企業の防災対策や防災意識を高めておくことが求められます。
それには企業の建物自体の対策や社員の防災教育などが必要になります。
また企業の重要データの保管場所には日ごろから十分に配慮しておく必要があります。
電気機器やコンピュータなどはすぐ安全な場所に移動できるようにしておくことも大切です。さらに浸水を防ぐ土のうや止水板は必ず備えておくべきでしょう。
またゲリラ雨発生時には社員が安全に通勤、退勤できるよう、時間の配慮や情報の伝達も必要です。
企業におけるゲリラ雨対策の目的は、ゲリラ雨による災害を受けた場合にも事業を継続できるようにしておくことにあります。そのためには経営と社員の両面から対策を考えることが大切です。

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方―被災現場からみつめたBCP

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方―被災現場からみつめたBCP

  • 作者: 山村 武彦
  • 出版社/メーカー: 金融財政事情研究会
  • 発売日: 2006/07/19
  • メディア: 単行本



 
posted by ゲリラ豪雨 環境破壊 異常気象 記録の細道 at 07:23 | Comment(0) | ゲリラ豪雨と企業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
極寒のオホーツクで、流氷との出会いと感動を味わう!
最近のコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。